ゆうがたヒーロー

日曜の朝でなくても誰だってヒーローに憧れてる

感想『機界戦隊ゼンカイジャー』第10話 不眠は泥酔。眠りたいのに眠れないの最凶な作戦

このゼンカイジャー世界の住人、怪人の襲撃慣れしてない?世の中の変化を受け入れる柔軟性高すぎやしませんか?ある意味で従順無垢というか… 今回は「太陽は沈まない」作戦を決行したトジテンド。太陽を沈ませずにひたすらに昼・昼・昼。そして時計も操って…

感想『チア男子!!』主演、横浜流星。戦隊&ライダー出身のイケメン揃いの青春群像劇

朝井リョウ原作の「チア男子!!」の実写劇場版。やっぱり実在しているあの大学男子チアをモデルにした小説なのかな。小説は取材で作れるけど、実写化ってのは演者が実際にチアをしなければならないから大変だ。体を張る仕事ってのは本当に頭が下がる。 さて、…

感想『魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャー』ネタバレあり。リュウソウ族のアクションは1年の集大成

今のゼンカイジャーもそうだけど、令和における戦隊ヒーローのあり方を模索している両戦隊。コロナウイルスによってGロッソもファイナライブツアーもなくなってしまったリュウソウジャーに、2ヶ月近く本編収録ができなかったキラメイジャー。そしてキラメイ…

感想『機械戦隊ゼンカイジャー』9話 狂ってるよ頭おかしいよ、何だよ柏餅中毒で世界征服って

ゼンカイジャーのOPにゴールドツイカーが加わってました。 キャラデザで分かっていたけれども、とりあえずステイシーザーとは違い仲間になる方向性でいくことは間違いなさそうですね。 と、いうことで突如現れた世界海賊、まずお前は何者なのか、というとこ…

感想『SOTUS/ソータス』このタイBLはコングポップとアーティットの生意気後輩×ツンデレ先輩のStory

アマゾンプライムさん、『Love By Chance/ラブ・バイ・チャンス』『Until We Meet Again~運命の赤い糸~』につづいて『SOTUS/ソータス』を見放題にしてくれてるじゃないですか。この分野の見放題が増えるということは有能としかいいようがない。TELASAさんを…

感想『機界戦隊ゼンカイジャー』第8話ステイシーくん早速かわいそう。ゴーカイゴールドこと世界海賊ツーカイザーにすべてを持っていかれる

ステイシーの悲劇 ゼンカイジャー、怒涛の情報ラッシュ まだ先週にステイシーが本格参戦したばっかりじゃんか。 ジオウのウール君味を感じて幸薄そうな空気感がたまらなくおもしろそうじゃんか。 それなのになんだあの空気の読めない陽気な海賊は!笑 ステイ…

感想『機界戦隊ゼンカイジャー』第7話 ゴーカイゴールドやディエンド参戦?もうコレスーパー戦隊大戦じゃん。

機界戦隊ゼンカイジャー!第7話 タイトル入力時ナチュラルにマシン戦隊で漢字変換していた。機械もマシンも似たようなものだけども笑 謎の美少年ステイシーとその後 前回のゴミ回でチラっと現れた謎の美少年ステイシー。軍隊長バラシタラの息子であることは…

感想『QRコードの奇跡ーモノづくり集団の発想逆転が革新を生んだ』

『QRコードの奇跡ーモノづくり集団の発想逆転が革新を生んだ』小川進 東洋経済新報社 2020 最近はスマホ決済でもおなじみのQRコード。アリペイが当たり前の中国ではもはや、QRコードが存在しない世界が想像できないくらいに普及している。 このQRコードが日本…

感想『仮面ライダーディケイドVSジオウ ディケイド館のデス・ゲーム』非難殺到も納得の炎上案件!おのれディケイド!と言われるのも納得の相変わらずの世界の破壊者。噂通りあまりに雑すぎて逆におもしろい。

「ディケイド館のデス・ゲーム」 あぁ、ディケイドだなぁ。噂通りひっどい出来で変な笑いが出た。 いや、どっからツッコめばいいんだろ。これ単体では全く意味をなさないし、ライダー好きを唸らせる仕掛けもないしびっくりするくらい中身がない。ファンサー…

感想『手裏剣戦隊ニンニンジャー』忍びの7.春のニンジャ祭り!カクレンジャーとハリケンジャー参戦!

スーパー戦隊45作品記念、『機界戦隊ゼンカイジャー』。あのジオウディケイド電王を生み出した白倉氏がプロデューサーする戦隊作品。ゴーカイジャーから10年か・・。ときの流れってすごいわ。 ゴーカイジャーやゼンカイジャーはアニバーサリーヒーローだから…

感想『機界戦隊ゼンカイジャー』第5話。蛮族リュウソウジャーは暴力の象徴として召喚されたのか?リュウソウケン

機界戦隊ゼンカイジャー、仲間が揃ってようやく本格稼働開始!事実上の第1話だ。 ・・・とおもいきや、相変わらずのゼンカイジャーだった。 こういう困ったときのパワーワード「ケボーン」や「ブレイブ」みたいな概念がないのが非常に惜しい。とりあえず言っと…

感想『映画 騙し絵の牙』騙される楽しさよりも仕事に対する様々な考えがおもしろかった

大泉洋は騙されることが似合う しかし立場が逆転するとき、僕たちはその男の末恐ろしさを実感する。 本書は原作者が大泉洋をイメージしながら大泉洋を研究観察して完成したという。 そのため、当然主演は大泉洋。 騙されることが似合うこの男、嘘くさい笑顔…

感想『機界戦隊ゼンカイジャー』悪の組織の掃除係がゼンカイジャーに合流。掃除人ブルー放浪記

ブルーン放浪記 機界戦隊ゼンカイジャー。ついに5人のメンバーが揃うこととなる。 好奇心旺盛なブルーンはキカイトピア世界について知りたくて、多くの情報が集約されているトジテンドに自ら飛び込んでいった。 しかし、期待とは裏腹に上司イジルデは何も新…

感想『ゼロワンOthers 仮面ライダー滅亡迅雷』アークの意思を越え、滅は向かう

つい、「仮面ライダー滅亡迅雷.net」って言いたくなる。netまで含めて滅亡迅雷なんだよなー笑 バルカン&バルキリーも発表された「ゼロワンOthersシリーズ」 Othersのロゴが「01」「here」を強調していて「ゼロワンは(いつも)ここにいるよ」というメッセー…

感想『窮鼠はチーズの夢を見る』話題の和製BL。ベッドの上での成田凌の演技力と大倉忠義の色気

窮鼠とは「追い詰められて逃げ場を失ったねずみ」だそうです。 和製BLとタイトルにしたけれども、厳密にBLといえるのか。そもそも恋愛作品をBLとそうでないものとジャンル分けすることが間違っているのではないか、そう訴えかけるような作品だ。根底には「人…

感想『機界戦隊ゼンカイジャー』第3話マジーヌ登場!幅が広がる巨大戦のロマンとこれまで

1年ものの物語がおよそ45作品あるので個人の好みにハマるものもあれば、あまりはまらないものもある。それでいえば、キラメイジャーは何かしら僕のツボにハマっていた。ゼンカイジャーはまだ僕のツボを押してくれない…。おもしろくないとは言わないんだけど…

感想『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』庵野監督の自意識と独白。ろくな考察のない感想。一応ネタバレ注意

1995年に放映された『新世紀エヴァンゲリオン』から26年。 例えばあの当時に20歳の大学生だった人は今や46歳。 名探偵コナンは1994年、ワンピースは1997年から続いている。つまり2021年時点でそれぞれ27年と24年のベテラン作品だ。それぞれに長い間応援して…

『機界戦隊ゼンカイジャー』第2話 戦隊あるあるをねじ込んだ、戦隊シリーズの傾向と対策

仲間集め回。次回はマジーヌを仲間にするのはわかるけど、5人目まで走り抜けるのか、一瞬タメをつくるのか、どっちだろうか。ブルーン、ずっとキカイトピアの清掃員をやってるからゼンカイジャーサイドと接点ないし、せっかく敵組織からの脱走ヒーローになれ…

『機界戦隊ゼンカイジャー』第1話「キカイ世界はキキカイカイ! 」迫る!過去最強トジテンドの脅威

ついにはじまった。機界戦隊ゼンカイジャー。 ディケイド&ジオウにゴーカイジャーを加えて電王風味を隠し味にトッピングした作品になると思っている。 アニバーサリーで過去を絡めるとしたらどうするのか、という問いのわかりやすい答えは「過去ヒーローを…

書評『NO RULES(ノー・ルールズ)世界一「自由」な会社、NETFLIX』

『NO RULES(ノー・ルールズ)世界一「自由」な会社、NETFLIX』(日本経済新聞出版) 本は色々読んでるんだけどなかなか感想を文章化して保存するまでの癖がつかない・・。 読んでる間は「なるほどなぁ〜」って感心するんだけどね。 まぁ、頭の片隅に考え方が…

感想『魔進戦隊キラメイジャー』最終回。エピソードFINAL「君たちがいて輝いた」。人が輝くとき、そこに奇跡が生まれる!輝き、それは未来を変える戦士の証!限界を超えないキラメイジャーが見せてくれた1年間。

魔進戦隊キラメイジャーもついに最終回を迎えた。 新型コロナの影響もあり、撮影がストップしたり制限されたりで相当な苦労があったことだろう。キャストやスタッフの皆様の努力のおかげでこういうご時世に楽しい気持ちになれる作品を毎週みることができた。…

感想『機界戦隊ゼンカイジャー 赤い戦い!オール戦隊大集会!!』結局ピザすき焼きって何なんだ・・。明るいアニバーサリー作品の幕開け。

『機界戦隊ゼンカイジャー 赤い戦い!オール戦隊大集会!!』 ついに始まるアニバーサリー作品。顔出し俳優1人だけという意欲作。 どんな感じになるのかな、という雰囲気がよくわかる先行公開だった。 キラメイジャーも明るくわかりやすい作風だったけど、ゼン…

感想『騎士竜戦隊リュウソウジャー 特別編 メモリーオブソウルメイツ』ケボーンな蛮族リュウソウ族の魅力凝縮版

『騎士竜戦隊リュウソウジャー 特別編 メモリーオブソウルメイツ』 久しぶりにケボーンな気持ちを取り戻した。短編なんだけど、リュウソウジャーを凝縮してて、まるで学生時代のお気に入りの定食の味を思い出すかのような安定感。 リュウソウジャーを凝縮し…

感想『魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE ビー・バップ・ドリーム』典型的な夏映画。キラメイダンスが楽しい

『魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE ビー・バップ・ドリーム』 まさにキラメイジャーの夏映画だった。事情を知らない後年の人たちは「え、公開日2月!?最終回直前???」と困惑すること間違いなし。紛れもない夏映画だ。 なぜ夏映画なのか。コロナによって撮影…

『魔進戦隊キラメイジャー』ヨドン皇帝さすがラスボス。ヘイトを集約することで他の幹部生存への希望

魔進戦隊キラメイジャーも最終回を残すだけになってしまった。 色々と麻痺しているので「石がしゃべる」って設定も「そっかー。今回はしゃべる宝石なんだ」くらいにしか思ってなかったけど、世の中的には「石がしゃべる!?なにそれ??」ってなるらしいね。…

感想『LOVE,サイモン 17歳の告白』繊細で平凡な高校生の恋物語

やっぱ海外作品はその国の文化的背景をよく勉強しておいたほうが楽しめそうだよな。 向こうは何歳から車に乗ってよくて、何歳からお酒が合法なんだっけ。高校まで距離があるとはいえ日本の感覚だと車通学ってちょっと違和感あるわ。向こうのハイスクール文化…

『魔進戦隊キラメイジャー』賛否両論?ガルザの過去と真実。ヨドン皇帝の長期侵略計画

最終決戦。ラスボスはガルザかと思いきやその座は皇帝に奪われてしまう。 ついに明かされたガルザの過去。個人的には闇落ちしていく過程がみえなかったから、答えがしれただけで満足感ある。 ガルザは幼少期からひらめきの才能をもっていた。 幼きガルザはキ…

『魔進戦隊キラメイジャー』ついに最終決戦。強化に奪われる日常。充瑠は柿原さんを救えるか?

2月に入ったということで、キラメイジャーも残りわずかとなってしまった。 つまりはこれから最終決戦で厳しい展開がつづいていく。 最終決戦の導入部ということで平和な日常パートからはじまる。選ばれた雑談はジンクス→初恋→巫女さんエピソード。為朝、、初…

『魔進戦隊キラメイジャー』クランチュラ生存おめでとう!ヨドン軍はホワイト悪の組織にはなれそうもないですね…

全国の瀬奈お嬢様&小夜姉ファンの皆様待望の猫耳回 ヒロインズに加えて充瑠まで猫化させるなんて、スタッフわかってるなとか思ってたら、想像の斜め上いく充瑠が猫にならなければならない正当な理由がそこにはあった。 そうだよね。精神状態が正常な充瑠と…

『魔進戦隊キラメイジャー』カナエマストーンは充瑠に作用したのではないか?え、猫耳充瑠のことじゃなくてさ

入れ替わり回、と見せかけて特にそんなことなかったぜ。 おもしろかったけど、なんと感想を表現したらいいかわからないな、今回。 ハリガネ邪面→ハリガネ人形で擬態が可能 カナエマストーン・イリュージョア→幻を見せる このふたつをベースにしつつ、「人間…